性器の痒みや痛み、または不正出血に心当たりがあるなら要注意!それはクラミジアの症状かもしれません。

性行為で感染が広がる性感染症の1つ、クラミジア。しかし医療技術の進歩により薬を服用することで確実に治せるようになりました。
ジスロマックなどは一回服用するだけで完治させる効果があります。症状の悪化や感染拡大を防ぐためにも、専用の治療薬でクラミジアを治しましょう。

治療薬はどうやって手に入れればいい?

クラミジアの症状に気付いたらすぐ治したいと思うものですよね。市販の抗生物質などではクラミジアを治すことが出来ないため、クラミジアの病原菌を死滅させる効果を持つ治療薬を服用しなければいけません。

病院で処方してもらう方法

医師から説明を受ける女性性感染症の治療時に利用する病院としては、女性の場合だとレディースクリニック(婦人科)が一般的です。皮膚科や泌尿器科などは男性の治療に適しています。身近に性病に関する診療を行っている病院があれば、検査も兼ねて受診してみると良いでしょう。

検査結果が陽性であれば治療薬を処方してもらえます。保健所でクラミジアの検査を受けた場合も、検査結果を病院に提出することで処方薬を受け取れます。

通販で購入する方法

通販の画面を表示しているスマホクラミジアの治療薬は通販で購入することが出来ます。身近な場所で手に入る市販の薬にはクラミジアを治す効果はありませんが、ジェネリック医薬品などを扱っている通販を利用すれば、クラミジアを含めたいくつかの性感染症を治す薬の購入が可能です。病院に行くこと以外の方法で治療を考えているなら、通販を利用してみるのも悪くありません。

最近では通販で性感染症の治療薬を購入する人が増えてきています。クラミジアの治療薬として有名なジスロマックのジェネリック医薬品も通販で購入出来て、ジスロマックと同様の効果を発揮してくれます。

クラミジアは性感染症の中でも感染率が高い

性感染症にはいくつか代表的なものが挙げられます。しかしその中でもクラミジアの感染率はダントツです。クラミジアは性感染症の1つなので性行為により感染者が増加していて、特に若年層の感染率がずば抜けています。性の早熟化なども問題視されていますが、それに伴ってクラミジアの感染者が増えているのが現状です。

コンドームは妊娠だけではなく性感染症を予防する効果もあります。しかし装着するタイミングなどを誤ると予防効果が薄れ、感染率も高くなってしまいます。もちろんコンドームで確実に感染を予防出来るわけではないため、性行為が主な感染経路であることには変わりません。

症状の現れ方は様々

性感染症の多くは感染すると性器に異変が現れます。例えば性器やその周りに痒みが生じたり、においがキツくなったり、異常であることがすぐに分かるような症状がほとんどです。

クラミジアも同様に、感染することで性器に何らかの異常が発生します。男性であれば性器から白く濁った膿が出たり、睾丸に痛みや痒みが生じたりするケースが多くいのですが、高熱が出るという人も珍しくありません。女性であれば性器の痒み・痛みの他におりものの増加やにおいの変化、子宮付近の痛みなどが挙げられます。

性器以外の症状に要注意

クラミジアは性行為によって主に性器から感染するものですが、オーラルセックスやキスなどにより喉から感染する可能性も多いのです。その場合咳が出たり喉が痛んだりするため、風邪の初期症状と勘違いしてしまうこともあります。
また、喉の他にも目や肛門からクラミジアの病原菌が入り込んでしまうことも考えられます。性器以外の異常があるならまずはクラミジアを疑ってみることも必要です。

症状に気付かない人が多いのがクラミジアの怖いところ

感染すると性器や喉、または目などに何らかの症状が現れるクラミジアですが、実は感染していることに全く気付かないケースも少なくありません。特に女性は自覚症状がなく、いつの間にか感染してしまっていたというケースが多いのです。

クラミジアは本来感染してから1~3週間ほどで症状が現れ始めます。男性であれば性器の痛みや膿などですぐ異常に気付けるのですが、女性には明確な症状が現れにくく、多少おりものの量が増える程度の場合もあります。

不正出血やおりものの色・においが変化することで感染を疑い、すぐに適切な治療を受ける女性も居る中で、クラミジアに感染した女性の約8割には自覚症状がないと言われています。つまり感染したことに気付かず性行為をしてしまい、感染が広がってしまうのです。このことがクラミジアの感染率が高い原因として考えられます。

クラミジアに感染したかも!と思ったら

手を繋ぐ男女クラミジアは適切な方法で治すことが大切です。症状に心当たりがあるなら、まずは治療方法を選択することから始めましょう。
「感染したかもしれない」「パートナーがクラミジアだった」という場合でも、念のため治療を行うことが理想的です。

クラミジアは感染してすぐ発症するわけではなく、長くて1ヶ月程度の潜伏期間があります。つまり症状がなくても病原菌が体の中に居る状態です。発症しても自覚症状が現れにくいという厄介な特徴があるため、クラミジアの疑いがある時点で治療を行うと良いでしょう。

ただ、病院で検査や治療を受けることに消極的な人が多いのも事実。その場合は放置するのではなく通販を利用して治療薬を購入し、自分自身でしっかりとクラミジアを完治させる必要があります。早期治療は自分だけではなくパートナーの健康を守るためにも重要です。

更新日:

Copyright© クラミジアを薬で治そう【ジスロマックは通販で買える!】 , 2018 All Rights Reserved.